アルプスビジネスサービスの派遣技術者の強み

派遣技術者の強みよくわかる技術者派遣ABSの流儀

よくわかる技術者派遣
【無期雇用(正社員)契約】

技術者派遣のしくみと特徴
About the core of our business model

お客さま先での技術支援業務を通じて
付加価値の高い技術者を目指します。

技術者派遣のしくみ

無期雇用契約の派遣技術者はABSの正社員です。
派遣期間満了後、次の派遣先が確定する待機期間は、所属する営業所において技術研鑽します。
待機期間も当然ABSが給与を保証します。教育・福利厚生制度もABS独自のしくみを利用します。
営業と派遣技術者は一体となって、旬で将来性のある技術領域にアプローチします。

お客さま企業とABSの営業ならびに技術者との関係
技術者派遣のしくみ
PAGE TOP
派遣技術者が担う主な業務領域

ABSの派遣技術者が担当する主な領域は、製品に要求される仕様が定まった後の設計段階の業務です。
実際の製品として量産するため、機構(メカニズム)や筐体、電気回路等をCADを使って詳細に設計します。
生産工程において効率よく製造するためのノウハウが求められます。
他に量産前の試作、それに絡む部材の発注、試作品の実験と評価・検証等、
テストプロセスに従事するケースも場合もあります。

ものづくりの流れにおけるABSの主な役割
PAGE TOP
技術フィールド
技術者派遣先の主な業種
  • 自動車
    高精度化された日本の工作機械は世界的にも定評。自動車、航空機、産業機械向けのNCマシンのプログラミング、機械設計、評価、実験を担当しています。
  • 半導体
    半導体は、パソコン・携帯電話・デジカメなど多くの電子部品に組み込まれています。当社のエンジニアは主にシリコンウエハに書き込まれる電子回路設計などを担当しています。
  • 医療機器
    今後、高齢化の進行を背景に診療関連機器の需要が拡大。患者様の安全を確保するためのセンサや部品等の性能を活かすための駆動回路・制御回路を設計、評価、実験を担当しています。
  • 工作機器
    高精度化された日本の工作機械は世界的にも定評。自動車、航空機、産業機械向けのNCマシンのプログラミング、機械設計、評価、実験を担当しています。
派遣先業種別の売上構成比率
PAGE TOP
ABS技術者のプロフィール
エンジニア年齢構成
技術分野構成
全国分布図
PAGE TOP
ABSの教育制度
3つの特徴
プロフェッショナルになる志
派遣技術者は、複数の派遣先を経験するなかで、幅広い技術と知見を修得し同時に環境適応力や社交性に富む、豊かな人格が形成されます。ABSの技術者でありながらも、個人としても内外から信用されるプロフェッショナルエンジニアを目指すことが最終目標です。「会社の看板に依存せず、独りの個人として社会から評価される人財になる」自律・自立の精神と、自己研鑽が、キャリア開発の原点になります。
300以上の最新通信教育講座
ABSでは入社時に、コンプライアンス(法令遵守)や情報セキュリティ、CS*等現代のビジネスに求められる社会人教育を実施しています。(*CS=カスタマーサティスファクション)就労後は一人ひとりの事情や派遣先で必要とされる資質に応じて通信教育講座を活用いただきます。集合研修のような強制力はありませんが必要なときに、必要な領域を、自分のペースで学習することができます。ご用意する講座は、最新の技術領域もカバーして300以上。将来目指すべき技術者に沿って、計画的・体系的に学習することもできます。
拠点ごとの月1度の定例ミーティング
ABSの派遣技術者は、営業所ごとに設けられたいくつかのグループのいずれかに属しています。 グループは派遣先を共にするメンバー等で構成され、月に1度は定例のミーティングを実施しています。 ミーティングでは、会社の現在や今後のビジョンの共有、共通する技術テーマに関する意見交換を行っているほか、日頃の悩みやキャリアパスについてフランクに意見交換をしています。 お互いプロを目指す技術者同士が認め合い助け合う。 ヒューマンなコミュニティが、ABS派遣技術者の挑戦心を生み出しています。
新入社員研修
PAGE TOP
ABSの企業風土

ABSの経営理念は『Heart to Heart』。人と人の心のつながりを大切にするというフィロソフィーはそのまま社風になっています。 定期的に開催されるグループミーティングや各種イベントでは、培った技術力を共有し内部資源化すると同時に、お互いをよく知り、日常の悩みや仕事を通じての愉楽を語り合います。 参加者は、無期雇用契約の正社員だけでなく、有期雇用契約の派遣社員も参加しています。

「親睦の深耕」と「技術力の積層」
PAGE TOP
ABSの戦略

成長分野である「自動車(モビリティ)」「工作機器」「医療機器」「エネルギー」 「情報通信(ICT)」「航空・宇宙」等にリソースを注いでまいります。

ABSの5カ年計画
PAGE TOP